交通事故の慰謝料は2種類あります。「入通院慰謝料」と「後期障害慰謝料」です。そして「入通院慰謝料」についての計算に3つの基準があるので説明します。まずは自賠責保険の計算基準。こちらは法律で決まっており、1日4200円。実通院日数×2、または治療期間で少ない方に4200円をかけて計算します。但し、総支払額が120万円を超えたら、2つめの「任意保険基準の計算式」に基づき算出されます。こちらは1か月30日として決まった基準で算出されますが、症状や月平均の通院日数によって調整されます。

3つめとして弁護士(裁判)基準の計算式があります。実際に弁護士に相談、依頼、または無料で利用できる「交通事故紛争処理センタ」―を利用しましょう。こちらに関しては有料無料の違いの他にすぐに相談に応じてもらえる、待たされる可能性があるという点の違いもありますので、ご自身の許容範囲で選択しましょう。

「交通事故紛争相談センター」は待たされた結果、積極的に動いてくれる弁護士に当たるかどうかの保証はありませんが、ご自身で弁護士を選ぶ場合は費用が嵩みますが、このようなトラブルは避けられます。但し、弁護士相談は任意保険に特約として付いている場合もありますので、ご自身の保険を確認してみて下さい。

交通事故は頻発しています。車社会である現在、通勤や子供の送迎、病院への送迎などで毎日のように運転すると言う方も多いのではないでしょうか。そこで、余り考えたくないことではありますが、今回は万が一の場合に備えて交通事故の被害者になってしまった場合の慰謝料請求について調べてみました。備えあれば憂いなしと言います。車社会である現在を考えるとある程度は把握しておきたいことですし、気になると思う方も多い事項なのです。ここで、そのノウハウを学んでみましょう。

交通事故の慰謝料請求には3つの基準の計算式があり、自賠責保険、任意保険が絡んでいます。それに加え、交通事故に詳しい弁護士へ相談をするという方法もあります。それぞれに長所、短所がありますので、ご自身の納得いける解決策を選ぶ必要があります。人生、何が起こるかわからないものです。いつ、あなたが、またはあなたの大切な人が交通事故に巻き込まれるかもしれないということは考えられなくもないこと。これから説明します基準、計算式、保険についての理解を深め、知識の一つとしてお納めください。このような正しい知識を持つことは車社会で生きていくうえで大切なことです。

お金で解決できることではないのですが、解決の糸口はお金以外には考えられないのが世の中の常。もし、あなた自身に万が一のことがあれば、大切な人たちに残してあげたいのはやはり、生活できるだけのお金ですよね。また、死に至らぬ事故であっても治療通院にかかる費用としてお金は必要なものですから、ここで交通事故の慰謝料請求を学んでおきましょう。生きていく上で身につけておきたい知識です。