入通院慰謝料の3つの基準による計算式

未分類

交通事故の慰謝料は2種類あります。「入通院慰謝料」と「後期障害慰謝料」です。そして「入通院慰謝料」についての計算に3つの基準があるので説明します。まずは自賠責保険の計算基準。こちらは法律で決まっており、1日4200円。実通院日数×2、または治療期間で少ない方に4200円をかけて計算します。但し、総支払額が120万円を超えたら、2つめの「任意保険基準の計算式」に基づき算出されます。こちらは1か月30日として決まった基準で算出されますが、症状や月平均の通院日数によって調整されます。

3つめとして弁護士(裁判)基準の計算式があります。実際に弁護士に相談、依頼、または無料で利用できる「交通事故紛争処理センタ」―を利用しましょう。こちらに関しては有料無料の違いの他にすぐに相談に応じてもらえる、待たされる可能性があるという点の違いもありますので、ご自身の許容範囲で選択しましょう。

「交通事故紛争相談センター」は待たされた結果、積極的に動いてくれる弁護士に当たるかどうかの保証はありませんが、ご自身で弁護士を選ぶ場合は費用が嵩みますが、このようなトラブルは避けられます。但し、弁護士相談は任意保険に特約として付いている場合もありますので、ご自身の保険を確認してみて下さい。